院長あいさつ

院長挨拶

院長:神田 稔

経歴

1962年

茨城県水戸市生まれ
父親の仕事の関係で、高校まで埼玉県熊谷市で育つ

1980年

埼玉県立熊谷高校卒業
東北大学歯学部入学

1986年

東北大学歯学部卒業
歯科医師国家試験合格

資格・役職

介護支援専門員(ケアマネージャー)

日本抗加齢医学会認定専門医

水戸市介護認定委員

茨城県歯科医師会介護保険委員

水戸市歯科医師会在宅診療委員

所属学会

日本抗加齢医学会(専門医)

日本老年歯科医学会

日本歯科審美学会

日本接触嚥下リハビリテーション学会

お気軽にご相談下さい

昔から、医者の良し悪しを言うのに、[診立てがいい]と言いますよね。診立てとは、最初の診断のことです。

何年も歯医者をやっているのだから、手が動くのは当たり前。でも、最初の診断と治療方針が間違っていたら、いくら手が器用でも治療の効果は上がりません。そこで私は、患者さんとの最初の対話、つまり診断と治療方針の決定を大切にしています。

「どの治療法が一番良いのですか?」と、よく聞かれるのですが、一つの病態にもさまざまな治療法が考えられます。その患者さんの、年齢、生活習慣、時間、好み、日程、予算などにより、ひとりひとりの患者さんにとってのベストの治療法は違ってきます。そこで当院では、一つの治療法を押し付けるのではなく、数多くの治療法の中からその患者さんに会ったベストの治療をよく話し合って決めるようにしています。

治療が始まってしまうと方針変更ができなくなることもあります。せひ、最初の段階でご自分のご希望を言っていただき、解らないことがあれば、積極的に質問をしてもらいたいと思います。

一般の保険治療はもちろんのこと、特殊技術とも言える、矯正歯科、審美歯科、インプラント、漂白、セラミック治療、歯周病除菌治療、睡眠時無呼吸症候群のマウスピース治療、金属アレルギーの歯科対応、高齢者や体が不自由で通院できない方への往診など、一人の歯科医師としては、技術の引き出しが多いと自負しております。

これは、当院に来ていただければいろいろな治療ができて便利だというのではなく、数多くの治療法の中からその方にあったベストの治療法が選べるということが重要だと思います。

もちろん、矯正歯科やインプラント治療などで難症例の場合は、専門の医療機関との連携がとれていますので、症例に応じてご紹介できる体制が整っています。セカンドオピニオンも含めて、お気軽にご相談ください。

保険診療を大切にしています

また、私は保険治療を大切しています。

当院では、普通の保険治療を中心に日々の治療を行っております。

歯科治療というと、差し歯を入れるとか、入れ歯を入れるなど、修復物に目がいきがちです。しかし、最終的な修復物が保険か自費かにかかわらず、それ以前の土台となる神経の治療や歯周病の治療は保険診療で行うことになります。

つまり、保険診療をきちんとしないと、保険診療自由診療にかかわらず、十分な治療効果は上がらないということです。

保険診療を大切にしています

特別なご要望がなければ、ほとんどの治療は保険診療で治療できます。

当院では、保険のきかない場合や特別なご要望があった場合に、患者さんの了解を得たうえで自費治療を行います。

その場合も、必ず保険診療と自由診療との比較で、2~3種類の治療法はご提案するようにしていますので、いきなり高額な請求のみををすることはありませんのでご安心ください。