訪問歯科

訪問歯科

こんなお悩みありませんか?

摂食・嚥下障害にお悩みの方へ

こんなお悩みありませんか?
  • 水を飲まない、水を嫌がる、脱水症状
  • 体重が落ちた、栄養状態が悪化・低栄養
  • 風邪じゃないのに熱が出る
  • 窒息対策がしたい
  • 口臭改善・予防をしたい
  • 失った食べる楽しみを取り戻したい
  • 一般歯科治療・口腔ケアが気になる
  • 入れ歯の調整をしたい

摂食・嚥下障害とは、食べ物や飲み物を口から体内に送り込む機能に問題がある状態を指します。
食事中や食後にむせや咳をよくしたり、食べているときに口から食べ物をこぼしたりするのは、摂食・嚥下障害の人によくみられる症状です。
また、体重や尿量が減少したり、脱水・低栄養状態にある場合も摂食・嚥下障害が疑われます。

口腔ケアを、これらの症状に合わせたリハビリトレーニングを併せて行うことで、これらの症状は軽減できます。
訪問治療でも口腔ケアができるので、お気軽にご相談下さい。

ご自宅向け訪問歯科のご案内

ご自宅で介護をされている方はご相談下さい。

ご高齢の方のお口の悩み

ご高齢の方のお口の悩み

ご高齢の方はむし歯や入れ歯の痛み、口の中の腫れが原因の痛みが起こっても、それをうまく伝えられない場合があり、お口の掃除や歯ブラシを嫌がることがあります。
また、お口や入れ歯の汚れやカビなどが原因の臭いがでることがあります。

些細な事でもご相談下さい。

些細な事でもご相談下さい。

高齢の方は噛む力や飲み込む力が弱くなることが多く、その場合は食べるための訓練が必要になります。
入院時に胃ろうや点滴などで 口から食事しておらず、退院後に自宅でやわらかくした食事を用意しても、なかなかうまく食べられなくて、どんな食事をつくればいいか分からない、誰に相談したらいいか分からない、等といったどんなご相談にも応じます。

噛んで食事できるようになると、認知症や意識障害の改善につながるケースもあります。

ケアマネージャー向け訪問歯科のご案内

ケアマネージャーの方へ

摂食・嚥下機能の回復

摂食・嚥下機能の回復

入居者様の口腔ケアを行い、誤嚥性肺炎の予防や、歯周病や虫歯の予防をした上で、摂食・嚥下機能の回復を目指したリハビリを行うと、ペースト食から改善されるため、栄養状態が良好になり、免疫力・体力・運動能力が向上します。
またお食事自体にかかる時間もスムーズになり、短縮が見込めます。

入居者さまのQOL改善

入居者さまのQOL改善

摂食・嚥下機能の回復により、しっかりとお食事をとることで筋力がついたり活発になり、認知症の進行を抑えることができます。
また、食事をする楽しみが高まる・取り戻すことでQOLの向上が期待できます。

訪問歯科でできること

訪問歯科の特徴

虫歯治療はもちろんレントゲンもご自宅・施設で可能です

虫歯治療はもちろんレントゲンもご自宅・施設で可能です。
ポータブル医療セットを持参し、「虫歯治療」「レントゲン」「入れ歯調整」「口臭治療」など、クリニックと遜色のない治療が可能です。
レントゲン検査、むし歯治療、義歯作成または調整、歯周病治療、歯石クリーニング、舌苔クリーニング、口腔ケアを行います。

対応地域

神田歯科医院の訪問治療対応地域

神田歯科医院の訪問治療対応地域

講習会を行っております

口腔ケアに関しての取り組み

施設職員対象の口腔ケアの講習会

歯科医師による、施設職員対象の口腔ケアの講習会をします。
完全オリジナルの講習内容となっております。
コンサルタントが営業用に作ったパワーポイントを読むだけの講習会ではありません。

歯科衛生士による実技指導を行っています。

ご利用者様を相手に、施設職員様に歯科衛生士が口腔ケアの実技指導をします。