矯正歯科

矯正歯科

目立ちにくい 取り外せる 少ない痛み 通院回数が少ない 大人のためのマウスピース矯正

矯正はしたいけど…

こんなお悩みございませんか?

  • 痛みが不安
  • 何年もかかりそう
  • 食事が大変そう
  • 抜歯が怖い
  • 見た目が気になる
  • 費用が高そう

当院では、
患者様のこのような不安を解消する
マウスピース矯正
をご提案しております

マウスピース矯正とは

マウスピース型の矯正装置を装着して歯並びをきれいにする矯正方法です。

薄いプラスチックでできたマウスピースの弾力を活かして、歯を少しづつ動かしていくため、負担が少なく、歯の移動による痛みを抑えることができます。

お口の中の違和感もほとんどなく、矯正装置が当たってしまうことによる口内炎などのトラブルも防げます。
また、マウスピース型の矯正装置は透明のため、装着していても目立ちにくく、見た目への影響もほとんどありません。
さらに、マウスピースは食事の際や、矯正装置が邪魔になってしまう場面では、ご自身で取り外していただくことが可能です。

従来のワイヤー矯正は常に装置を装着しているため、隙間に入り込みやすい食べ物や、矯正装置の破損が心配されるような硬い食べ物はお控えいただいておりましたが、マウスピース矯正では治療中の食べ物に制限がないため、ストレスも軽減されます。

その他、金属アレルギーや衛生面でのメリットも多く、多くの方に選ばれる、人気の矯正治療です。

ワイヤー矯正との違い

インビザラインインビザライン ワイヤー矯正ワイヤー矯正
見た目 目立ちにくい 金属が目立つ
取り外し 自分で取り外し可能 自分では取り外し不可
痛み ほとんど痛みなし 締め付ける痛みあり
金属アレルギー アレルギーなし 可能性あり
衛生面 取り外せるため 通常のブラッシングでOK 専用の歯ブラシが必要
会話 ほぼ問題なし 多少の違和感あり
食事 取り外してなんでもらべられる 挟まりやすいものや硬いものなど、
食事制限あり
来院頻度 2~3ヶ月に一回 1ヶ月に一回

最新式口腔内スキャナーiTero

itero

歯型を取る苦しみから解放されました!!

最新式口腔内スキャナーiTeroを導入しています。
お口の中の写真を撮ることによりパソコン上で3Dシュミレーションとマウスピースの制作ができます。

マウスピース矯正の治療について

マウスピース矯正の治療では、1週間ごとに新しいマウスピースと交換して、少しづつ完成形の歯並びに近づけていきます。

治療完了までに作成するマウスピースの数と治療期間は患者様によって異なりますが、
部分矯正で半年程度
全体矯正で1~2年ほど
で歯並びがきれいになる方が多いです。

治療期間中はおよそ2~3か月ごとの頻度でご来院いただき、矯正装置やお口の状態を確認し、次のマウスピースをお渡しします。

一般的なワイヤー矯正に比べて通院回数が少ないため、仕事やご家庭の事情でお忙しい方にも最適な治療です。

患者さまの自己管理が重要

マウスピース矯正では、歯をしっかりと動かすために1日20時間以上マウスピースを装着していただく必要があります。
これを怠ってしまうと、計画通りに歯が動かず、理想の歯並びにするための治療期間が長くなってしまう可能性があります。
できるだけ短い期間で効果を出すためにも、患者さまご自身の意識が非常に大切です。

マウスピース矯正が適していない場合もあります

お口の状態によってはマウスピース矯正が適していない場合もあります。

初診カウンセリングと検査で、マウスピース矯正による歯並び治療が可能かどうか診断することができます。
まずはお気軽にご相談ください。

当院のマウスピース矯正は、インビザラインを使用しております。

インビザラインとは

「インビザライン・システム」は、米国アライン・テクノロジー社により1999年に提供をはじめたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。

現在、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに700万人を超える方々に選ばれています。
(2020年7月現在)

人気のマウスピース矯正の1つで、患者様の歯型をもとにオーダーメイドのマウスピースを作製し、定期的に交換しながら装着を続けることで、少しずつ歯並びを整えていきます。

こんな方におすすめです!

接客業などで人に会う機会が多い方

インビザラインは透明なマウスピースを使うため、目立ちにくく人に気づかれにくいことが特徴です。
また、薄いマウスピースは装着したときの違和感が少なく、会話にもほとんど影響がありません。

接客業などで人に会う機会が多い方

食べるのが好きな方

インビザラインは1日に20時間以上装着していただくのが基本ですが、好きなときにご自身で自由に取り外しができます。
お食事のときには外せるため、これまで通りの生活に影響が少ないことがメリットです。

食べるのが好きな方

歯医者さんが怖い方

マウスピース矯正はお口の中に歯医者さんが器具を取り付けることはほとんどないので、歯科恐怖症の方でも痛い治療を我慢する必要はありません。
また、症例より違いますが、ワイヤー症例よりも抜歯の必要性は低い場合が多いです。

歯医者さんが怖い方

口内炎ができやすい、
虫歯になるのが心配な方

これまでの矯正装置では、金属でできたブラケットやワイヤーがお口の中の粘膜に触れることで、口内炎ができる心配がありましたが、インビザラインで使用する薄いマウスピースでは、そのような心配がありません。

また、歯磨きのときに邪魔にならないため、虫歯などのトラブルも防ぐことができます。

口内炎ができやすい、虫歯になるのが心配な方

金属アレルギーの方

インビザラインはプラスチックでできた透明なマウスピースを使う治療法です。
従来の矯正治療のように金属でできたワイヤーやブラケットを使わないため、金属アレルギーの心配もありません。

金属アレルギーの方

矯正治療の流れ

矯正相談
(無料簡易シミュレーション)

矯正相談

歯並びにお悩みをお持ちの方、矯正を迷われている方、マウスピース矯正に興味がある方は、矯正相談をさせて頂いております。
事前にお電話(ウェブ予約も可能です)にて予約をお取りください。
当日、マウスピース矯正についての、様々な疑問にお答えします。
コンピューター上で3Dシミュレーションを行い、治療後のおおよその歯並びをお見せします。

精密検査及び治療方針の説明

精密検査及び治療方針の説明

治療を希望される方には、精密検査を行います。レントゲン写真撮影、その他の各種写真撮影、時には虫歯や歯周病の検査等も行います。

治療計画の作成及び
シミュレーション

治療計画の作成及びシミュレーション

精密検査の資料をもとに詳細な治療計画を作成します。
インビザライン矯正治療では、「クリンチェック」と呼ばれる3Dシミュレーションソフトを使用して、治療計画を検討します。
クリンチェックとは?

最終的な歯並びの状態や治療期間、抜歯や歯の切削の有無など、患者様のご要望をお聞きして、治療計画・治療シミュレーションを作成します。

矯正治療

矯正治療

発注から数週間でマウスピースが出来上がりますので、完成後は一度ご来院いただき、適合をチェックしてマウスピースをお渡しします。
治療期間中は毎日決められた時間マウスピースを装着し、定期的な通院・交換を繰り返して歯並びを整えます。

保定装置の装着

保定装置の装着

保定とは、動かした歯が後戻りしないように、マウスピース等を装着して歯を固定することです。
この保定装置を装着する期間には個人差があります。

メンテナンス

メンテナンス

保定期間以降も定期的なメンテナンスを行い、お口の健康を維持していきます。
歯並びを治して終了ではありません。
綺麗なお口を保つために、ご自身の歯磨きだけでなく、プロによる検査・クリーニングを通じて、虫歯・歯周病を予防します。

クリンチェックとは?

▼動画で実際の歯並びシミュレーションをみる▼

当院の3つの強み

POINT
口腔内スキャンによる診断

最新式の口腔内スキャナーによる3Dシミュレーションによる術前診断により、治療開始前に治療完了後までの状態を確認することができます。スキャナーなので苦しい歯型取りは無くなりました。

予防歯科に注力

POINT
総合歯科のため、むし歯や歯周病治療も同時に受けられる

患者様のお口のトータルサポートをいたします!

総合歯科のため、むし歯や歯周病治療も同時に受けられる

POINT
信頼の治療技術を適正価格で提供

デンタルローンを使えば月々支払いも可能!

信頼の治療技術を適正価格で提供

Doctor紹介

院長:神田 稔

経歴

1962年

茨城県水戸市生まれ
父親の仕事の関係で、高校まで埼玉県熊谷市で育つ

1980年

埼玉県立熊谷高校卒業
東北大学歯学部入学

1986年

東北大学歯学部卒業
歯科医師国家試験合格

資格・役職

介護支援専門員(ケアマネージャー)
日本抗加齢医学会認定専門医
水戸市介護認定委員
茨城県歯科医師会介護保険委員
水戸市歯科医師会在宅診療委員

所属学会

日本抗加齢医学会(専門医)
日本老年歯科医学会
日本歯科審美学会
日本接触嚥下リハビリテーション学会

院長ご挨拶

こんにちは。
院長の神田です。
私は平成6年より20年以上ワイヤー矯正の治療に取り組んできました。
従来より矯正治療は針金を口の中に固定する方法しかなかったのですが、取り外し可能な透明なマウスピースを使用しての矯正方法が、1992年に米国アライン・テクノロジー社で開発されました。

マウスピース矯正の利点は、ほとんど目立たないことが注目されています。
もちろん目立たないことはワイヤー矯正に比べて大きな利点ですが、実際に治療をしてみると、さらに多くの利点があることに気が付きます。

一番素晴らしい点は、取り外して歯を磨けるということです。
従来のワイヤー矯正の場合は針金の裏側がどうしても不潔になってしまい、虫歯を作るリスクがありました。
歯並びがきれいになっても、虫歯ができてしまったら悲しいですよね。
また、汚れが残ると口臭の原因にもなります。
マウスピース矯正の場合は外して充分に口腔ケアができますので、とても清潔なお口を維持することができます。

さらに、食事の際は取り外していただきますので、矯正治療中でも今までと変わらずに美味しくお食事を楽しむことができます。
ご希望の方はマウスピースの中にホワイトニングの薬を入れることにより、歯を白くホワイトニングすることも可能です。

このように、ワイヤー矯正に比べて多くの利点がありますので、当院ではマウスピース矯正をお勧めします。

マウスピース矯正は、最近は種類が増えてきましたが、全世界での実績と、クリンチェック検査などの精密さや技術レベルの高さから、当院では米国アライン・テクノロジー社のインビザラインシステムを採用しております。

症例紹介

10代男性 インビザラインフル症例

右上の犬歯の八重歯と、下の歯の歯並びの悪さを主訴に矯正治療を行いました。
この症例では、必要のない親知らずは抜歯しましたが、八重歯やほかの歯は抜歯することなく治すことができました。

正面観

治療前
治療後

上顎

治療前
治療後

下顎

治療前
治療後

右の八重歯も抜かずに治せました

治療前
治療後

リスク:
症例によって抜歯が必要になる場合があります。

期間:
約2年

費用:
インビザラインフル(下記参照

20代女性 部分矯正 インビザラインエクスプレス症例

下の前歯の歯並びを治すことがご希望で、マウスピース治療を開始しました。
歯のずれが少ないので、下顎のみの部分矯正で治療できました。

治療前
治療後

リスク:
症例によりエクスプレスではなく、ライトパッケージやインビザラインフルが必要な場合があります。

期間:
約4ヶ月

費用:
インビザラインエクスプレス(下記参照

30代女性 部分矯正 インビザラインライト症例

下の前歯の歯並びを治療しました。
下顎のみの部分矯正を行いました。
上の症例よりも歯の移動量が多いので、エクスプレスライトになりました。

治療前
治療後

リスク:
症例によりインビザラインフルが必要な場合があります。

期間:
約6ヶ月

費用:
インビザラインライト(下記参照

料金のご案内

精密検査
(クリンチェック・コンピューターシュミレーション診断)
¥33,000
インビザラインフル
全体矯正 マウスピース枚数無制限
¥767,800
分割払いの場合、月々 ¥11,100~
インビザラインライト
部分矯正 マウスピース枚数14枚以内
¥294,800 ~ 327,800
分割払いの場合、月々 ¥4,200~
インビザラインエクスプレス
部分矯正 マウスピース枚数7枚以内
¥239,800 ~ 261,800
分割払いの場合、月々 ¥3,400~
リベラリテイナー(上下3枚セット)
¥22,000 ~ 33,000

※月々の調整料は必要ありません

このようなお悩みで
矯正をあきらめていませんか?

治療費が高くて支払うことができない

クレジットカードの分割回数では支払いできない

まとまったお金が用意できない

当院のデンタルローン
ご利用いただけば大丈夫です!

デンタルローンつのメリット

  • 手続きが早い(スマホで簡単申込)
  • 手続きが簡単(収入証明不要)
  • 分割回数が最大84回まで
  • 医療費控除も受けられる

医療費控除について

医療費控除とは?

ご自身やご家族の支払った1年間分の医療費の総額に応じて、一定額の所得税が還付される仕組みです。
還付申告には領収証が必要となり、還付後も自宅で5年間の保管が必要となりますので、ご注意ください。

対象となる医療費とは?

・1年間(1月~12月の間)に支払った治療代金
・治療に必要な薬の代金
・通院にかかった交通費
※タクシーは公共の交通機関がないなどの場合に限ります
※自家用車を使用した場合などのガソリン代などは対象外です

医療費控除の対象となるのは、保険診療、自費診療問わず「健康促進のための治療」です。
当院の矯正治療は身体の機能や構造を改善する目的で行われるものですので医療費控除の対象となります。
ただし、審美目的の治療は対象外となりますので、詳しくは医院にお問い合わせください。

治療費をカードやローンで支払った場合は?

患者様の治療費を信販会社が立替払をした金額が、その年の医療費控除の対象になります。
デンタルローンを利用した場合には、患者様の手元に治療費の領収書がないことが考えられますので、契約書の写しをご準備ください。
また、クレジットカードを利用した場合でも、歯科医院発行の領収書と、カードローンの契約書の写しをご準備ください。
※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意下さい。

還付金額の計算方法は?

こちらのサイトで医療費と所得をご入力いただくと、シミュレーションを行うことができます。

http://www.hahoo.jp/KEISANKI/

手続きは?

手続きには以下の書類が必要となります。

1.医療費控除の明細書
2.源泉徴収票
3.医療費・交通費の領収書など
4.印鑑
5.通帳
6.医療費のうち、保険金など補填されている金額がわかるもの
7.マイナンバーカードなどの身分証

書類を揃えたら、2~3月に市役所の税務課もしくは税務署で所定の用紙に記入し、申告します。
※同一家計内の親族の方が支払った医療費も、合算して申告することができます。
※矯正治療費は同年内にお支払いされた方が、手続きが1回で済み、控除額も大きくなります。

医療費控除の明細書 記入例

クリック(タップ)で拡大します